すぐにはできないリーディング

リーディングというものを文字で説明していますが、やはり実戦に敵うものはありません。
書けば書くほど伝わりにくいのかなと思うのが実際のところ。
急に実践してみてできるものでもありませんし、やはり経験が必要なものになってきます。

最初は誰でも「これでいいのかな…」と不安な気持ちからスタートします。
しかし、これは自分の気持ち次第で、とりあえず始めた段階はリーディングができなくて当然なんだと軽い気持ちで始めてみるとをオススメします。
読みやすいカードを徐々に増やし、自分はリーディングが出来ないと思いこまないことが大切だと思います。
リーディングで大事なのは、とりあえず諦めないこと。

これはタロットに限らずだと思うので是非練習を繰り返してみてください。

本を見ながらカードの意味を理解し、その意味になぞった占いをしていく。
まずはこれで充分です。
リーディングとはその次の段階であり、すぐにできるものではありません。
ただ、この時点でリーディングを意識するかしないかでは大きな成長の差が出てきます。
できずとも、常にリーディングを意識したタロット占いとやってみてください。
それを繰り返せば必ず成果が出ると思います。

好きこそのものの上手なれと言いますが、タロットが好きであれば必ずリーディングできる日がくると思います。

まずは自分自身のリーディングから始め、そこから友人に対して実践してみましょう。
理解がある友人であれば、何回でも付き合ってくれるはずです。

諦めずにリーディングという占い方法を取得してみてください。

ヴォイス・イン・ザ・カード2