ヴォイス・イン・ザ・カードとは

タロットリーディングはこのようなリーディング方法をする人もいます。

タロットカードの絵を見つめ、閃いたことを言うという占い師です。
これはとてもシンプルな方法で、これを「霊感」や「スピリチュアル」と謳う占い師も多いです。

非常にシンプルなリーディング方法なだけにタロットカードをヒントにした能力者と言った感じでしょうか。
とにかく出たカードをじっと見つめ、浮かんできたことを元にアドバイスをするという方法…。
自分的にはあまりやらないスタイルで、自分にはそこまでの閃きはありません。。

このリーディング方法は「ヴォイス・イン・ザ・カード(voice in the card)」と呼ばれている方法です。

ルールというか、こうしなくてはいけないというものも無く、とにかく純粋に閃きに頼るリーディング方法だと言えるでしょう。

ただ、占い師で多いのはカードの意味では無くイラストをヒントにする人が多いので、前回お話した逆位置というルールもありません。
とにかく何のタロットカードが出たか、そしてどのような人を占っているかが重要になると思います。

まさにインスピレーションのみの占い方法なので、信じない人もいればどっぷりハマる人もいます。
実はこの方法がタロット占い師が怪しい、胡散臭いと思われるジャンルです。
確かに信じることができない人が多いとは思いますが、この占い方を一度は体験してみてほしいというのが私の本音です。

カードを持って閃きを待つ…神聖な儀式のような空気が流れるので面白いと思いますよ。

ヴォイス・イン・ザ・カード2カードの向き